Life with dog
<< Fun to paddling in NARAMATA :: main :: 親ばかですが・・・ >>

お約束なので・・・^^;

これもNIKONか?
この写真はAFP-BBnewsから無断拝借しておりますm(_ _)m
見てますか?北京五輪。
いや。競技ではなく報道席(爆)
女子カヤックフォア 男子カナディアンペア
女子カヤックシングル ダブルスカル
スポーツ観戦はあまり積極的に見ない私ですが、オリンピックともなると別ですね。
各アスリートが夢見る舞台だけあって、本物感があり見出すとついつい引き込まれます。
中でも今興味のある水上スポーツが面白い。
これがカナディアンなのか!?なんてありえない動きで目を奪われたり
カヤックのスピード感に唖然としたり・・・
浩庵から溶岩帯まで5分くらいで行ける勢いです(汗)。
こんなの見ると"カヌーorカヤックやってます"なんて気安く言えません。
でもブレードに日の丸のシール貼ろうかな?なんて思ったり^^;;
同じ名称でもこれほど楽しみ方に幅があるアクティビティは無いのでは?なんて思ってしまいました。




さてさて、こういう一大イベントでは報道のカメラ対決も気になりますよね?(って私だけ?)
2004年アテネ五輪では、キヤノンの白大砲が大半を占め話題になり、
スポーツ写真=キヤノン(EOS)という印象を強く残し
以来一般的にもカメラはキャノン優位というイメージが広く浸透した。

その後もニコンとの差は広がる一方で・・・
いくらレンズがイイ、歴史がある。などと言ってみても
実際、スポーツ写真等で要となる高ISO耐性では素人目に見てもその差は明らかで羨望だった。


デジカメ熱全盛の2年前
FIFAワールドカップでほぼ白大砲(キヤノン)で埋め尽くされていた報道席を見て愕然とし、
当時は本気でキャノンに乗り換えようかな?なんて思った事も・・・
(スポーツを撮る。という事でなく、高ISO耐性はワンコ写真にも星空撮影にも有利なので)

がしかし、耐え忍ぶ事1年半(正確には金銭的に買い換えられなかっただけ)
ニコンは昨年暮れにD3はじめ最新鋭の超望遠レンズを導入。
高ISO耐性も、AFスピードも、手ブレ補正もようやくキヤノンと同等、
いやそれ以上の機種を出してくれた(嬉涙)
もちろん今回のオリンピック使用を想定してのことだろう
はたしてシェア奪回となるのであろうか?
少なくともNikonを使うカメラマンは見かけるのか!?

と思ってテレビを見てるんだけどなかなか報道席が写らない、写真も無い(笑)
なので凄ーく気になってたんですけど昨日の朝日新聞に載ってましたv
コレです↓











おおお!



Nikonファンの皆様・・・おおお!じゃないですか?


黒大砲がありますよね?
しかもかなーり増えてる感じがしますよね。黒大砲。
あまり性能に差がないのであれば、高価な品ゆえ現状維持のままだと思うのですが
これは明かに"イイ!"って事ですよね?買い換えた。ってことですよね?
こうなるとカッコイイ。くらいに思っていたD3がチョゥカッコイイ!!に
神々しく見えたりもします^^v


先の朝日新聞によると、もともと報道写真に強かったNikonが、
シェアを奪われたのは1992年のバルセロナ五輪だったらしい。
その後も差は広がりつづけアテネでは9割以上がキヤノン。
言うなればデジタル&AF&AE時代になってからずっとキヤノンがそのシェアを占めていた事になるのだ。

そして今大会。
先の写真を配信しているAFP通信社はじめニコンに変更した報道機関も多く
ホスト国である中国国営新華社通信では7割強がニコンらしいのだ。
そいえば昨日の卓球・愛ちゃんの中継でチラホラ写る大砲はほぼ黒だったな。

(T^T)ジ〜〜ン
苦節16年、待った甲斐がありました。
待ったのは1.5年だけど。しかもシェア奪回したわけでもないんですが

なんてささやかな幸せを感じている今大会です。
VRII70-200F2.8ナノバージョンが出たら絶対"黒"にするぞっv

でも4年後にはまた逆転されてるんでしょうね?いや2年後のFIFAかな^^;;

asahi.com「選手迎え撃つ白黒の「砲列」カメラ界も頂上決戦」
daily life photo : Edit
2008.08.21 Thu 19:44:: - :: -