Life with dog
<< 陸奥国ふたり旅・前編 :: main :: 南国館山 >>

陸奥国ふたり旅・後編

お釜
Nikon D5500 AF-S16-85mmF3.5-5.6G
山形からは蔵王連峰を越えて仙台へ。
マール
マールは移動中はソフトケージでおとなしく、車酔いもせず。夜は一緒にシュラフで寝てますが粗相もいたずらもする事無くもう立派な車旅犬。中年オヤジ独りではなく子犬が居る事によって他の方とのコミュニケーションもスムーズで旅の良い相棒になってる。マールにとっては朝イチから何度も散歩に行けるのが嬉しい様です。
一週間以上も二人きりで食から下の世話までしていると自然と懐くもので、このGWですごく関係が深まった感じがして可愛さも増し増し。


爽やか
5月5日の本日も爽やかな晴天。日中は思いの外暑いけど朝晩は肌寒く虫少なく、この時期の東北はワンとの車旅にも快適。
道中見た飯豊連峰、そして学生の頃よく春夏スキーに訪れた朝日岳&月山と今年は雪が多い気がする。


焼肉
気になる佇まいの焼肉屋。そろそろ肉喰いたい


ドッグラン
まずは山形市にあるフェアウェイペットメモリアルパークさんへ。


墓地
ドッグランに霊園があるのか、霊園にドッグランがあるのか。いずれも半端ではなくそれぞれが綺麗で広大。こんな霊園ならいつも賑やかでいい。


わーい
さっそく気の合うお友達を見つけて遊び回るマール。


参った
珍しくマールにお腹を見せるワンコ。涼しいうちにという事か、朝一番だというのにワンコいっぱい。


マール
とにかく楽しそうなマール


他人の
他人のエリアが好きなマール。そこは我家じゃないよ


暑いね
暑くなってきたね。そろそろ帰ろうか


長谷堂城跡
今更ですが戦国時代の小説にハマってる私。じつはここに来るまでの間にも若松城や上杉神社を訪問。
近くに長谷堂城跡公園なるものがあってマールと散策出来そうだったのでいってみます。
山形城に居する最上氏にとって重要な支城の1つで直江兼続も攻め落とせなかったらしい。


階段
ドッグランで散々遊んだ後だけど歩く気満々のマール。若いって素晴らしい。


史跡
史跡や解説ボードを拝しながら歩くと当時の戦が思い浮かぶ様です。


森林
暫く気持ちの良い森林歩きが続き


尾根
尾根に出ると陽射しが暑い


主郭
最後の急登を登り切ると主郭部。


朝日岳
朝日岳の展望が素晴らしい。


山形
そして南側は山形市街を見下ろす好立地。戦国時代はどんな風景が広がっていたのだろう。


みはらしの丘
宛ても無く走っているとみはらしの丘というのがあったので立寄り。


シバザクラ
その名の通り山形市街&蔵王連峰の展望よく、シバザクラが配された綺麗な公園。


あの山へ
ただ暑くて暑くて。丁度正午ですが車の外気温時計29℃!もあります。
涼しい所に行きたくて、あの山(蔵王)に向かいます。


リフト乗り場
山形から蔵王エコーラインで刈田リフトの駐車場に到着。今度は寒過ぎ!


歩いて
リフトは抱っこすればワンコOKですが、マールが雪に興味津々なので徒歩で登ってみます。


雪山
腐れ雪で意外に積雪多く、踏み抜いたりして歩き難い。念のためカヤック用の長靴で来たけど正解でした。マールはハイテンション


山頂部
40分程登って尾根へ。リフト客と合流してお釜見物へ。


雪庇
ヤバそうな雪庇。看板も柵も無いけど行っちゃう人居ないんだろうか?


お釜
蔵王のお釜。残念ながら曇って来てしまいました。
そいえば昨日の温泉の色ってこれだ


刈田岳
続いて刈田岳山頂・刈田神社へ


晴れた
晴れてきた。


頂上
マール刈田岳登頂。山頂部はまったく雪がありません。


厳冬期
2010年2月にママと来た厳冬期のココ。これ鳥居です。
たった3ケ月しか変わらないのに同じ場所とは思えない。


太平洋側
太平洋側(仙台方面)。あの避難小屋に避難したんだよな。


リフト
帰路はリフトも体験。朝から遊びっぱなしでさすがに疲れたのか、リフトって気持ちいいね〜みたいな感じで寝ちゃって仙台までそのまま。


回廊
このまま蔵王エコーラインで雪の回廊を楽しみながら仙台へ下る。


大渋滞
刈田岳山頂直下まで行ける蔵王ハイラインの駐車場が満車の様で、仙台からのアクセスはグリッドロック状態。なんと麓の遠刈田温泉まで断続渋滞で、この状況を対向車に伝えたくて仕方無い。恐らく今日中に着かない


仙台
そして残りの3日間は仙台で過ごしたGW。久しぶりのアイリはやっぱり可愛かった。
二人だけの時は私にべったりで懐いたなと思ったんだけど、マールはやっぱりママとアイリの方が好きみたいでがっくり。

じつは義母の容態悪く、パピーがいるといろいろと煩わしいだろうとの行動でしたがGWが明けた2日後の5月9日、逝去してしまいました。
何の心配も柵も無く、家族みんなが健康で、ただ楽しいだけの長旅が出来るって平和で幸せな事だったんだなとつくづく。今迄は寸分にも思わなかった(思わない様にしてた)けど、自分の老いも感じて来て、若さが羨ましいと思うこの頃です。


▲page top▲
T5 California trip report : Edit
2017.05.18 Thu 21:17:: - :: -